2010年04月27日

野党、「不起訴相当」首相の説明責任追及へ(読売新聞)

 東京第4検察審査会が政治資金規正法違反容疑で刑事告発された鳩山首相の不起訴(嫌疑不十分)を「相当」と議決したことについて、野党側はこの議決で首相が説明責任を免れるものではないとしている。

 首相の説明責任について引き続き国会で追及する構えだ。

 自民党の川崎二郎国会対策委員長は26日午前、「検察審査会の判断はどうあれ、鳩山首相が母親から受け取った12億円超の使途を説明するとの答弁を翻し、いまだに資料を出さないことが問題だ。引き続き関係者の国会招致を与党に求めていく」と語った。石破政調会長も「起訴に値する証拠が見つからなかったということであり、秘書の行為に対する監督責任は免れない」と指摘した。

 一方、平野官房長官は26日午前の記者会見で「検察審査会の決定でしょうから、コメントは控えたい。出たかどうかも確認がとれていない」と述べた。

地震に津波、台風…「正しさ」迫られる防災情報 でも本当に必要なのは?(産経新聞)
「政策不一致」の数合わせ 舛添新党の暗い船出(J-CASTニュース)
橋下新党・大阪維新の会が発足(産経新聞)
<器物損壊容疑>また教会に消火器 関西で50件以上発生(毎日新聞)
市長不信任案を否決=阿久根市議会−鹿児島(時事通信)
posted by アリマ ミツハル at 02:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。