2010年04月09日

女優の三原じゅん子さん擁立へ=自民、参院比例で(時事通信)

 自民党は8日、夏の参院選の比例代表候補として、女優の三原じゅん子氏(45)を擁立する方針を固めた。党関係者が明らかにした。
 三原氏はテレビドラマ「3年B組金八先生」の生徒役で人気を博した。最近は子宮頸がんで子宮を摘出した経験から、予防ワクチンの公費補助などを訴える活動に従事。8日も党本部で開かれた女性局主催の子宮頸がんに関するイベントで講演した。
 三原氏は同日、河村建夫選対局長とも面会。この後、記者団に「政治の力を信じて勉強していきたい。わたしが経験したことを皆さんに発信していかなければならない」と語り、立候補に意欲を示した。
 比例代表の目玉候補に欠く自民党は、三原氏のほか、「美人すぎる市議」として知られる藤川優里・青森県八戸市議(30)についても、擁立する方向で調整している。 

普天間、沖縄負担軽減を強調=10年版外交青書(時事通信)
「車内ゴミ散乱、ライターも?」4児死亡の父親(読売新聞)
<春の交通安全運動>6日から15日 飲酒運転根絶など重点(毎日新聞)
シー・シェパード元船長起訴 海保「経験ない神経戦」(産経新聞)
<ネット薬局>販売禁止は合憲 東京地裁判決(毎日新聞)
posted by アリマ ミツハル at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。